产业信息

専門家の指導:大石橋

4月13日、中国耐火材料業界協会2012年度の作業及び第六期第二回理事...

豊華集団:管理体制を

管理機能の革新は企業核心競争力を高めるの肝心な点である。豊華集団は絶え...

産業の概況一覧 >>
マグネシウムは国家戦略の資源で、広範に冶金、建築材料、化学工業、宇宙飛行、航空、軍需産業、製紙、電子、農業などの領域に応用されている。全市すでに明らかに探査したマグネシウムの埋蔵量は44.56億トンで、全省の66.9%を占め、世界四大マグネサイト鉱山の1つである。新中国が成立した後で、国家は大石橋地区で世界有名な国...
園区の建設一覧 >>
マグネシア産業が大規模化、集約化、ハイテクに発展を促進するため、50平方キロメートルの国家マグネシウム材料基地大石橋ハイテクノロジー産業区に計画を立て「有色園の7平方キロメートルをくわえる」、高品位のマグネシウム耐火材料、マグネシウム合金、マグネシウム建築材料、マグネシウム化学工業、マグネシウム金属の5つの産業園を...
発展企画一覧 >>
「第十二期五カ年計画」の期間中、大石橋市の全体的な目標は次のようである。経済規模を拡大し、総合的実力が飛躍的に発展し、一年間で経済基礎を打ち立て、三年間でGDPが倍増させ、5年を経て全国百強県の上位20位に入り、都市建設が新たな成果を遂げること。2015年でGDPが1000億元に達し、年平均20%増加し、社会固定...
産業の優位一覧 >>
大石橋市はマグネシウムを頼りに発展した資源型都市で、世に知らせる豊富なマグネシウム資源と完全な精密加工システムを持っているので、「中国鎂都」と称されている。2002年に国家科学技術部は大石橋を核心する営口の国家マグネシウム材料産業化基地を創建することを許可し、2005年に中国耐火材料業協会は大石橋市が全国のマグネサイト耐火物の生産、輸出商品生産基地...
産業のサービス一覧 >>
国家マグネシウム耐火材料の監督検測センター:2008年に国家品質監督総局が許可して、本市で国家マグネシウム耐火材料の監督検測センター「国家級」を創立した。 大石橋市生産力促進センター:2007年4月に創立され、主にマグネシア産業の新技術を開発するため、生産部門?学校?科学研究機関連盟を建設するため、国際協力のためにサービスを提供する。マグネシア...
大石橋市新聞、ネットワークニュースセンター主宰
E-mail:dsqsbs@163.com Tell:0417-5612288 ICP:辽ICP备05015523号
人訪問者