投資政策
大石橋市企業誘致﹒資金導入政策
发布时间: 2012/11/23 16:08:29 | 来源:

    第一章 総則

    第一条  投資環境をいっそうに最適化し、大規模プロジェクトを大石橋市に進駐するように引き付け、全市の経済発展を持続的に高速で発展を推し進めるため、本政策を特製する。

    第二条営口「大石橋」沿海新興産業区、大石橋市マグネシウム産業工業園区、大石橋非鉄金属工業園及び遼寧パンパン産業園「以下で両区両園と略称する」に駐在す固定投資資産が2千万元以上工業プロジェクトの場合、本政策は適用される。

    第2章 土地の使用

    第三条 国家産業政策に重大な奨励されるプロジェクトの場合、市企業誘致の指導者グループに報告して審査した後に、優先的に用地の指標を手配する。

    第四条 標準的な地価は168元/M2である。固定資産投資が2000万元以上の場合、土地収用費は補償金と上級財政に上納する部分以外に、園区を代わりに納める。

   第3章 財政補助

   第5条 プロジェクトが建設中に納める耕地占用税の地方留成部分は全部園区に割り当て、地方留成部分の50%は園区から企業に割り当て、インフラ建設に用いられる。

   第六条 新設プロジェクトが生産開始日より、5年内土地使用税の地方留成部分を全部園区に割り当て、園区のインフラ建設に用いられる。

   第七条新設プロジェクトは生産開始日より、5年内実際に納めるほかの税収の地方留成部分を園区に割り当てる。その中の50%は企業のインフラ建設に用い、30%は企業誘致の鎮区、園区に割り当て、10%は用地村に新農村の建設に用い、10%は園区のインフラ建設に用いる。累計で投資額に達する場合、本政策を停止する。

第八条 行政事業性料金、政府性基金、仲介サービス機構の料金は付則の決まりに従って徴収する

    第4章 インフラの政策

    第九条 新しく園区に進駐するプロジェクトは「七通一平」のインフラ関連政策を享受する。

    第十条 各園区は総体企画によって標準的な作業場を建設してから、新設プロジェクトは固定投資資産が2000万―1億元場合、1年間の借り賃を免除する;固定投資資産は1億元以上の場合、2年間の借り賃を免除する。企業は作業場を買う場合に優待政策を与える。

    第5章 財政奨励政策

    第十一条 金融機関は企業のプロジェクトに対する貸付援助を増大ように励まして、審査許可の流れを簡略化し、中小企業の貸し付けるグリーンチャンネルを切り開く。

   第十二条 国家産業政策に重大な奨励されるプロジェクトの場合、財政や金融サービスセンターなどの相関部門は優先的に貸付援助を与え、そして上級に貸付利子補給を勝ち取るよう努力する。

   第十三条 市政府は特殊基金を設立し、わが市の新技術の開発することを支える。

   第十四条 世界トップ500社企業は地区本部あるいは中国地区本部を設立する場合、企業に50万元の補助金を与える。本市に事務所あるいは支店機構を設立して正常な経営活動を展開する場合、企業に10万元の補助金を与える。営口市と大石橋市それぞれ補助金の30%と70%を負担する。

   第15条 域外の科学研究機関と貿易会社を大石橋市に進駐するように引きつく。域外の科学研究機関は大石橋市に進駐する場合、30万元の奨励金を与える。

    第六章 外資系企業投資政策

外資系企業は国内企業の同じ待遇を与えられる以外、以下の優遇政策も享受する。

   第16条 新設外資に投資場合は、登録料、評価費や出資検査費などを市財政から立て替えて負担する。

   第17条 土地使用税に関する優遇政策は営口市関連政策によって実行する。

    第18条 新設外資のプロジェクトは経営の日から三年内、固定資産投資は500万ドル以下のプロジェクトに対して、所得税同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分の50%金額を奨励する;固定資産投資は500万ドル以上のプロジェクトに対して、地方留成部分の100%金額を奨励する。

第七章 審査方法

   第19条 固定資産投資額はサービス業局が公然と選定した乙種以上の仲介機構が発行する評価報告よって、監査部門が審査した後で、大石橋市企業誘致作業指導者グループの審査許可が最後に確定する。

第20条 外資系企業の固定資産投資額は営口市外国為替管理局が発行する登録公文書及び仲介機構が発行する資金調査報告によって、監査部門が審査した後で、大石橋市企業誘致作業指導者グループの審査許可が最後に確定する。

  第八章 付則

   第21条 「両区両園」に進駐する工業プロジェクトは原則的に200万元/ムーより低くないである。

   第22条 本市の経済発展に対して重大な影響がある投資規模が大きいプロジェクト、経済効果が良いプロジェクト、ハイテクプロジェクト及び国家産業政策に奨励されるプロジェクトの場合、「一事一議」の方法をとって、もっと優待する政策を実行する。

  第23条 本政策が実施された日から新設プロジェクトは本政策によって実行する。本政策が実施される前に進駐するプロジェクトは依然としてもとの政策によって実行する。

  第24条 新設プロジェクトは土地許可の手続を得た後で、三月間で工事を始めなければ、相関する財政奨励、料金徴収などの優遇措置を取り消す。国土資源部『使わずにおく土地の処置方法』の関連規定に基づき、土地を遊ばせておく1年間を超える場合、土地をを遊ばせておく費用を徴収する。2年間連続して使わずにおく場合、政府が無償で土地使用権を回収する。

  第25条 国家産業政策及びエコの求めに適えば、大石橋市総体企画の第一、第三産業と元からある企業が増資するプロジェクトの場合、市政府と市企業誘致作業指導者グループに報告して許可された後で、当政策を参照して実行できる。

  第26条 本政策は発布日より実施される。解釈権は大石橋市対外貿易経済協力局に持される。

投資政策 更多 >>
大石橋市新聞、ネットワークニュースセンター主宰
E-mail:dsqsbs@163.com Tell:0417-5612288 ICP:辽ICP备05015523号
人訪問者