基礎のマグネシウム材料産業園

一、発展構想

 科学的発展観を指導にし、省エネ?廃棄物削減を堅持し、循環型経済の道を歩き、5―10年を経て基礎のマグネシウム産業園を現代工業、基礎の材料、商業サービス、レジャー、緑色生態に集まる一体の産業園区を打ち立てる。

二、園区企画

 基礎のマグネシウム材料産業園は大石橋市街区の東北部に位置し、総面積の100平方キロメートルに計画を立て、南楼開発区、官屯鎮、青花管理区と鋼都管理区の一部の用地をを含む。

1、総体なボジショニング

 世界で有名なマグネシウム耐火材料産業聚集区

 基礎のマグネシウム材料革新発展産業区

 大石橋市産業を最適化する重要な産業区

 循環経済発展の模範地区

2、産業構造

マグネシウム材料産業クラスターを強め、全力で伝統のマグネシウム耐火材料はクラスター化、規模化の発展を推し進める。

3、企画配置

4、産業の重点

 マグネシウム耐火材料の初加工、普及品と非鉄金属の原料加工などを重点的に発展させる。

三、環境保護を整備

1、企業の汚染を整備する。

2、道の塵を整備する。

3、鉱山の汚染を整備する。

四、建設計画

  基礎マグネシウム産業園の建設期限は10年であると計画し、2011年から2015年まですなわち「第十二期五カ年計画」の期間は近頃で、2016年から2020年まですなわち「第十三期五カ年計画」の期間はは先物である。近頃の工事は基礎のマグネシウム産業園サービス会社を主体にして展開し、主にインフラ建設と商業貿易行政サービスセンターの工事を含む。

大石橋市新聞、ネットワークニュースセンター主宰
E-mail:dsqsbs@163.com Tell:0417-5612288 ICP:辽ICP备05015523号
人訪問者