企業誘致の優位

企業誘致の優位

「中国のマグネサイト都」及び遼寧沿海経済帯、瀋陽経済区の重要なの支えとして、大石橋市は十分にとりわけ恵まれている豊富な資源条件を発揮し、発展のプラットフォームと投資政策の優位を積極的に作り、全力で非常に優越している創業の条件を提供しました。

一、交通条件の便利。本市は、とりわけ恵まれた交通立地の優位を持ち、陸上交通も海上輸送も四通八達しています。瀋陽―大連の高速道路とハルビン―大連の鉄道はここで交差し、北京直通の高速道路も通ります。営口港から23キロメートル、鲅魚圏港から45キロメートルに離れ、車で瀋陽及び大連までただ一時間半をかかり、大石橋市に近い営口空港は建設しているとことです。

二、豊富な天然資源。現在、すでに確認された埋蔵鉱物は34種類に達しています。その中、わりにマグネサイト、ホウ石、滑石、鉄や金などの鉱物は埋蔵量が巨大で、特に高品位のマグネサイトは25億トン埋蔵され、世界四大マグネサイト鉱山の一つです。国内外に「中国のマグネサイト都」と称されています。全市はともに耕地面積が80万ムーで、その中に西部の水稲栽培面積は52万ムー、淡水の養殖面積は32万ムーに達し、昔から「魚米の郷」と言われています。本市は豊かな文化財及び数多くの人文、自然景観も有しています。28万年前の金牛山の古人類遺跡、大昔の巨石文化の石棚遺跡、黄丫口の野生つつじを含む数十か所の名所があります。

三、インフラストラクチャーの整備。ここ数年来、大石橋市は、管轄区域にある南楼、大石橋の2つの省レベルの開発区を頼りに、生産高が千億元以上のマグネシウム材料産業園区と沿海新興産業園区を創立し、特色がある産業の集中地を初歩的に形成しました。2つの園区は便利な交通、特恵政策、豊かな資源及び電気、通信施設の完備がすべてそろっているので、創業、投資の理想的な舞台になっています。

四、投資特恵政策。外向型経済を更に発展させ、大石橋市委、市政府が再び『大石橋市投資政策』、『大石橋市のサービス業プロジェクトの投資政策』のような一連の優遇政策を制定してから、各企業の投資コストを引き下げ、力を尽くして政策の「窪地」を作りだします。その同時に、大石橋市にある50平方キロメートルの沿海新興産業区は中央政府に与えられた国家沿海経済帯及び省レベル開発区のすべての特恵政策を享受しています。

五、優良な融資する環境。現在、四大国有銀行とたくさんの優秀な商業銀行はすでに大石橋市に入って駐在し、ともに20社の金融機関は本市に来て創業、投資する各企業のために行き届いた金融サービスを提供します。

 六、将来性がある。近年以来、特に遼寧沿海経済帯及び瀋陽経済開発区の建設は国家戦略に上昇してきてから、大石橋市も千載一遇のチャンスをつかんで、ちょうど良い時期に55万人口の近代的な町を建設する目標を出し、生産高が千億元以上の園区を二つを計画して建設し、更に県レベルの地域経済の総量を拡大しました。

  2010年、大石橋市GDP、全社会固定資産投資及び地方財産予算収入はそれぞれ410億元、200億元、21億元を実現し、「第10カ五年計画」の期末と比べると、全部が倍増したことが明らかになりました。全国上位百県の第48位に位置し、そして中国小中都市の科学的な発展トップ100、遼寧省更に東北地区の経済発展スピードが速く、最も潜在力があるところになります。

大石橋市新聞、ネットワークニュースセンター主宰
E-mail:dsqsbs@163.com Tell:0417-5612288 ICP:辽ICP备05015523号
人訪問者