26万年前の古人類遺跡
26万年前の古人類遺跡
发布时间: 2012/9/11 15:39:58 | 来源:

国家級の文化財保護機関の金牛山の古人類遺跡

金牛山の古人類遺跡の概況

金牛山遺跡は遼寧省大石橋市の南西の8キロの永安鎮西田村に位置し、地理の座標は東経の122°26′38″、北緯の北纬40°34′40″です。金牛山は遼河平原にある孤立している丘で、海抜は69.3メートル、周囲は1240メートル、面積は14ヘクタールです。

 

 

 

 

 

 

金牛山遺跡は今まで東北地区で世に知られている最も早い古人類及び旧石器時代遺跡の1つです。1984年9月、北京大学考古チームは人類化石や火が使われた跡を発見し、その56件の人類化石が一人の大人に属することを確認してから、「金牛山人」と命名されました。今まで約26万年です。1988年1月、金牛山遺跡は国務院に公表された第3陣の全国重要な文化財保護機関になりました。

 

 

2004年に金牛山博物館が成立し、金牛山遺跡の日常保護や管理活動を担当しました。

 

 

 

 

 

 

首页上一页123下一页末页

上一个: 没有了

下一个: 没有了

26万年前の古人類遺跡 更多 >>
大石橋市新聞、ネットワークニュースセンター主宰
E-mail:dsqsbs@163.com Tell:0417-5612288 ICP:辽ICP备05015523号
人訪問者