速報
大石橋市政治協商会議第七期委員会の第一回の会議はみごとに閉幕され
发布时间: 2017/12/5 17:41:52 | 来源: 大石桥新闻网

 大石橋市政治協商会議第七期委員会の第一回の会議はみごとに閉幕され

   12月5日午後、中国人民政治協商会議の大石橋市第七期委員会の第一回の会議が首尾よく各の議事日程を完成した後で部隊講堂でみごとに閉幕された。 

 

   会議に出席する指導者は王心宇氏、劉国新氏、韓文志氏、田宝哲氏、市政協の退職する古い指導者、営口市監督指導チームのメンーバである。

   田宝哲氏、于志軍氏、王旭光氏、劉天忠氏、高明泉氏、钟毅氏、劉英偉氏、楊子江氏は会議の議長を担当した。

   会議の議長高明泉氏は会議を司会した。

   会議に出席するべきである委員が254名だが、実は247名が出席して規定に合った。

 

   会議で于志軍氏は政協の大石橋市第七期委員会の主席に、劉天忠氏、高明泉氏、钟毅氏、劉英偉氏は副主席に、楊子江氏は事務総長に、于佩氏などの44人の同志は常務委員に選ばれた。

   会議で、石仏鎮政協連絡事務室などの九つの鎮区の連絡事務室、経済界の工作組な、書画院のワークステーションなどの二つの政協のワークステーション、王世礼などの22人の先進工作者、牛国傑などの54人の優秀な政協委員、齊彦平などの19件の優秀な提案者や先進部門などを顕彰した。

 


   王心宇氏は市委員会を代表してに会議が円満に成功して、新しく選ばれたの市政治協商会議の指導グループと常務委員に向かって祝賀の意を表した。会議の期間に、各の委員は強烈な責任の意識で、真剣に職責を履行して積極的に討論に参与し、先を争って提案して良好な精神状態を展示した。

   これからの政協の仕事に対して王心宇書記は四つの意見を強調した。      

   どのようにこれからの政協の仕事をしっかりと行うことに対して于志軍氏は意見を強調した。

于志軍氏で全体の政協委員が習近平書記の新しい時代の中国特色社会主義の思想を指導にし、大石橋市委員会の強靱な指導の下で、意識的に使命を担当していやがうえにもチャンスを大切にし、大石橋が全面的に発展するようにもっと大きい貢献を作りだすことを望んでいた。 

   午後4時に、中国政治協商会議の大石橋市第七期委員会の第一回の会議は雄壮な国歌の声の中で成功裏に閉幕された。 

記者  車微   李澤  洪鎮宇  宋婉寧

大石橋市新聞、ネットワークニュースセンター主宰
E-mail:dsqsbs@163.com Tell:0417-5612288 ICP:辽ICP备05015523号
人訪問者